Tech-on 1周年おめでとう!

昨年に突如として現れた Tech-on というコミュニティイベント。「Networking for Techies」を掲げて初回から100人のエンジニアを集客するイベントだ。

場所は、東京・渋谷の TECHPLAY を中心に、話題のスペースでの開催も織り交ぜ開催される。テーマも毎回異なる。初回は、「サーバーレス」、2回目は、「コンテナ」。その後、「アジャイル」「FinTech」「xR」「AI」。そして、1周年記念となるイベントでは「OpsとDev」と運営メンバーの趣向を凝らした選定と第一線級の登壇者へのオファーと熱意とご苦労が伺える。

そんな、Tech-on が1周年を迎えて、4つのサプライズを発表した。

 

スローガンの変更

 

Networking for E-Techies
Change through the community

スローガンを新たにし、テーマ性も明確になっていく。ガートナーのハイプサイクルを例にだし、エンタープライズにとってより注目すべき「ハイプ」な技術にテーマをフォーカスしていくという。

Tech-on

『技術者同士を、人と人とのネットワーキングで繋ぐ』 技術のトレンドは非常に早い流れで移り変わるのがいまのIT業界の理です…

 

エバンジェリズム研究所のバナー

 

 

ロゴ(キャラ)変更

運営スタッフによる早着替えの演出もあり、新ロゴが披露された。そして、ステッカーの配布も行われた。

 

Tech-on ポータルサイトがオープン!

Tech-on

Tech-onは、日本のエンタプライズで働く人たち(E-Techies)が、自身と自社の変化への対応を加速するために、新…

このサイトにアクセスするとサプライズの続きとして、以下にアクセスすることができる。

運営メンバー募集

今まで、有志で運営していた Tech-on だが、これを機に公募により運営メンバーを募るとのことだ。我こそはという人は、ぜひ運営メンバーに手を挙げてみてはいかがだろうか。

Tech-on

Tech-onでは運営メンバーを募集中です!!私たちと一緒にTech-onを盛り上げてみませんか? こんな方にぜひ、仲間…

Slack 始動

また、オフラインイベントのみであった Tech-on がオンラインでも交流できるようになる Slack のワークスペースを開設。Tech-on に一回でも参加していることが条件であるが、主旨と規約を理解すれば参加できる。私ももちろん、即参加申請を行なった。

Tech-on

Tech-onでは最新技術の議論のために、Slackのチームを用意しています。このSlackのチームは、以下の利用時の注…

 

エバンジェリズム研究所のバナー

 

 

なぜ Tech-on が成功し続けるのか?

今後の展開もとても楽しみなコミュニティ Tech-on から目が離せないわけだが、なぜ、ここまでうまく行ったのだろうか?それは、たった一人からはじまったジャーニーを見るとよいだろう。

電磁波に撃たれて眠りたい!

2018年の4月以降、これまでの"勝手"AWS社内エヴァンジェリストという立場から社内の技術コミュニティ活動推進というロ…

私も微力ながらお手伝いをさせていただいたことも記しておいてこの投稿を終えたいと思う。

 

では、次の Tech-on と Tech-on Slack でお会いしよう!

 


企業向けの事業支援・アジャイル支援を 1ヶ月間無料 で実施するプランのお申し込み募集をしています。先着順です。ぜひご覧ください。

>企業向け支援は「エバンジェリズム研究所」にお任せください

企業向け支援は「エバンジェリズム研究所」にお任せください

正解のない時代には、先人の知見を活かした伴走が有効であると言われています。形式知だけでなく、暗黙知を伝授しつつ、共に考え、実践していく支援メニューを揃えています。ぜひお気軽にご連絡ください。

CTR IMG