TAG

.NET

『Adaptive Code 〜 C#実践開発手法 第2版』読者によるレビュー記事一覧

Adaptive Code 監訳を担当させていただき、2018年2月24日に出版された『Adaptive Code 〜 C#実践開発手法 第2版』の読者さまによるレビュー記事がではじめています。非常に分厚く、そして内容も濃い書籍なので、正直まだまだレビュー記事がでるのに時間がかかるかなと思っておりましたが、さすがです。 まずは、書籍を紹介しておきます。   読者さまによるレビュー記事(随 […]

Visual Studio Team Services を始めよう

Visual Studio Team Services Visual Studio Team Services (以下、VSTS) は、チームで効果的にコラボレーションして開発するためのプラットフォームです。いろいろな仕組みをオールインワンで提供しているのが特徴です。 VSTS を無償利用する VSTS は無償で利用することもできます。最初の5ユーザーまでは無償利用可能です。詳しくはこちらに書いて […]

キーワードでみる『Adaptive Code 〜 C#実践開発手法 第2版』

見本誌 発売日は2月24日ですが、監訳者特権にて見本誌をいただきました。日経BP社さんありがとうございます! アマゾンで予約受け付けています。   キーワードでみる 本書にでてくるキーワードを列挙します。順不同です! アジャイル ニワトリとブタ MVP (Minimum Viable Product) フィーチャー MMF (Minimum Marketable Feature) エピッ […]

新刊『Adaptive Code 〜 C#実践開発手法 第2版』

Adaptive Code 〜 C#実践開発手法 第2版 初版(『C#実践開発手法』- Adaptive Code via C# の翻訳本)に引き続き、第2版である『Adaptive Code 〜 C#実践開発手法 第2版』 (Adaptive Code 2nd Edition の翻訳本) に監訳者として関わらせていただきました。 今回、出版社さんの英断にて、第2版で書籍タイトルが変更されています […]

.NET Core 2.0 アプリを Bitbucket Pipelines で継続的インテグレーションする【注意点アリ】

Bitbucket Pipelines Bitbucket Pipelines は、Bitbucket Cloud 環境で、コードの変更をトリガーにして自動でビルドやテストを Docker イメージベースで実施してくれるソリューションです(雑)。   .NET Core 2.0 の macOS での環境構築、Rider IDE での開発 これらについては、以前に書きましたので、合わせてご […]

Rider を試してみた(セットアップ、開発、Git、ITS 連携まで)

はじめに macOS で .NET Core 2.0 で開発実行するための環境として .NET Core 2.0 SDK のセットアップのメモを書きました。 Mac で .NET Core 2.0 開発実行環境を整える そこで、今回は、統合開発環境として、JetBrains社の Rider を使ってみたいと思います。なんで、Visual Studio Code ではないのかっていうと、名前が Ri […]

Mac で .NET Core 2.0 開発実行環境を整える

.NET Core .NET Core は、Windows だけではなく、Linux, macOS でも使える開発フレームワークであり、実行プラットフォームです。   macOS 環境でのセットアップ macOS で環境を整えるには、以下のドキュメントにしたがって環境を整えるとよいでしょう。 macOS での .NET Core の概要 ここではこのガイドに従いセットアップしていったログ […]

>起業支援は「エバンジェリズム研究所 - 長沢智治」にお任せください

起業支援は「エバンジェリズム研究所 - 長沢智治」にお任せください

正解のない時代には、先人の知見を活かした伴走が有効であると言われています。形式知だけでなく、暗黙知を伝授しつつ、共に考え、実践していく支援メニューを揃えています。

CTR IMG